TOPPROFILE吉岡秀明プロフィール ≫ 写真館

 

 

アフガニスタン遊牧民調査隊スタッフ。

左から吉岡秀明(早稲田大学探検部)、
ウィリアム・カーター(ハーバード大学大学院)
尾坂吉三郎(京都大学探検部)。
肩書きはいずれも当時。

18世紀頃のキャラバン・サライ(隊商宿)跡で。

   
アフガニスタンのパシュトゥーン遊牧民。
彼らは春と秋、ヤイラック(夏営地)とキシュラック(冬営地)間の移動をくり返す。
女、子供はラクダで、男は羊を追って別ルートを行く。
遊牧集団は、小牛のような大きさのどう猛な犬を飼っており、近づくときはこの犬に気をつけなければならない。
   
アフガニスタンの首都カブールのシシカバブ屋。
調査隊スタッフは、在カブールのときよくこの店に通った。
メニューはシシカバブ(羊のやきとり)とナン(パン)のみ。
   
アフガニスタンの男たち。
アフガニスタンはパシュトゥーン、タジク、ウズベキ、ハザラ、その他の民族で構成される多民族国家。
パシュトゥーン民族は勇猛で知られており、イギリスとの二回に及ぶ戦争、最近ではソ連との戦争に勝ち抜いた。
   
アフガニスタン マザーリ・シャリフの近くで。
左はこの地に住んでいた夫婦で、チンギス・ハーンにまつわる遺跡のガイドを買ってでてくれた。
2人とも学校の教師。
   

BACK